一般社団法人  ことばの診療所

どんな顔でそのメール書いていますか?

こんにちは、一般社団法人ことばの診療所 村田です。
最近お礼のメールをすることが増えていて。

 

例えば、以前教えて頂いたことを体感した時に、
「こういう学びがありました、ありがとうございます!」
って自分1人で抱えこむんじゃなくて、その人にお礼を言いたくなった時。

例えば、いただいた嬉しいメッセージにお返事をするとき。

 

メールを開くじゃないですか。その瞬間に、

あ、これもお伝えしよう。
これって本当に知れてよかったな。
わぁ、こういう風にお返事来るとすごくうれしいな。
これはお返事に盛り込もう。

ふわーって想像が広がるんです。

「本当にありがとうございます」の一文を書いているだけでニコニコしてくるんです。

たぶん、私の周りにフラワーシャワーが舞ってます。

一方、送らなきゃいけないメールや、もうこの人とやり取りしたくないなーってケースも時々あって。
最近はかなり減りましたが、営業職やっているときとかすごく多かったです。
え、最低限これは書かなきゃいけないよね。どうせ伝わらないだろうけど…
もうなんでわかってくれないの!とか
イライラとした義務感に溢れるわけです。
真面目な顔というか、眉間に絶対しわが寄っている。
送った後も、えーまた返ってくるのもういや。とかってずるずる引きずる訳。

 

どんな表情をどのくらいしているかで、エネルギーのベースが創られると思っていて。
私はお礼のメールを書いている方がすごくうれしいし、楽しい。

だからこそ、お礼が言えるくらいいろんなアンテナを立てて、いろんな経験をして、
その方にお礼が伝わるようにきちんと学びをことば化して、そしてご連絡をしていこうって。

===
【1ヶ月で100個自分に「おめでとう」を言えるようになる!
「ことばのフラワーシャワーセッション」
~あなた自身に思いきり「おめでとう」を言う90分~】

▼無料説明(所要時間15分)のご案内
https://kotoba-clinic.com/archives/seminar/basic
▼個別セッションのお申し込みはこちらから。
※個別の日時は応相談です。
https://peraichi.com/landing_pages/view/lphibiki;
▼グループのお申し込みはこちらから。
※グループ3/11(日)16:00~追加しました!
https://kotoba-clinic.com/archives/seminar/0311;