一般社団法人  ことばの診療所

LGBTヘッダーイメージ

LGBT発信事業

概要

  LGBTについて代表 村田がレズビアン当事者としてセミナー開催、講演など幅広く行っております。 ※ LGBT=レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどセクシュアルマイノリティの総称  

登壇 / メディア対応実績

 
  • 帝京大学 学校心理臨床 II ゲストスピーカー講演
  • 千葉県弁護士会貧困勉強会登壇
  • ユニバーサル就労ネットワークちば主催ミニシンポジウム「働きづらさを抱える人が働くために」登壇
  • 静岡県「ふじのくにユニバーサルデザイン特派員」取材対応
  • 桜美林大学「セクシャル・マイノリティとNPO活動」講演
  • 毎日新聞埼玉版「LGBTを生きる」インタビュー掲載
  • 県立大学社会福祉学卒論インタビュー対応
など
    昨今LGBTに対するイメージは大きく分けて3パターンに分かれています。

【A】 変わった人 / 身近にはいない

【B】 自殺リスクの高い可哀想な人、繊細な人

【C】 ファッション、アートなど豊かな感性の持ち主

どれも一元的です。

この3パターンに当てはまる人もいれば、当てはまらない人もいます。

LGBTという単語から決めつけるのではなく、1人1人の違いにこそ目を向けてほしい。そうするには、何を考え、どう感じているのか伝えていくことが必要。そして1つの多様性が広がることで、LGBTに限らず様々な人が住みやすい社会ができていけばいい。この想いからセミナーなどを開催しています。

 

当法人のロゴについて

 

当法人を立ち上げるきっかけになった「本」をベースデザインとし、LGBTのテーマカラーである6色レインボーの構成色をちりばめています。虹従来の赤、オレンジ…といった順ではなく、色順をバラバラにすることによって、LGBT自体の多様性も表現しました。 ことばの診療所ロゴ

 


最新のセミナー情報